EnglishEN DeutschDE FrançaisFR ItalianoIT EspañolES Português do BrasilPT 日本語JA 中国简体中文ZH

- :

« I like this program, I've already used a couple of features we didn't have before. »

Review Rating  

シリアルポートモニタ - 高度なシリアルポートモニタおよび RS232 ポートスパイスニファ

ご確認ください!

Windows 2000 ~ Windows 10 (2016) (サーバー、 x86 および x64 を含む)。 最新バージョン: 4.4.11 build 707. .

シリアルポートモニタ - 高度なシリアルポートモニタおよび RS232 ポートスパイスニファ 購入 高度なシリアルポートモニタ ダウンロード 高度なシリアルポートモニタ

簡単な説明:

このプログラムを使って、コンピュータの COM ポートを介してデータフローを確認することができます。 ソフトウェアの名前からもお分かりのように、このアプリケーションは、シリアルポートモニタとして動作します。 全二重モード、パラメータの柔軟な調整、受信データのファイルへの出力、自動モードと手動モード、自由なデータソース、シリアルデバイスシミュレーション、プラグインおよびスニファモードをサポートします。 上級ユーザーおよびオートメーションの専門家に推奨されます。

高度なシリアルポートモニタ を使って、どのような問題を解決できますか?

RS232/RS485/RS422 シリアルインターフェース経由の作業を労力なく行うことができます。 シリアルポートモニタを使って、シリアルデバイスおよびシリアルポートに接続された Windows アプリケーション間のデータ交換を監視することができます。 それは、測定装置、工業用コントローラー、アマチュア無線局、および、Z モデムケーブルを介して接続されたコンピュータである場合があります。 いずれの場合でも、最大限の快適さを提供するフレンドリーで便利なインタフェースで動作します。

注意! プロトコル解析を行うために、追加のハードウェアやソフトウェアをインストールする必要はありません。 必要とするすべては、コンピュータにインストールされた高度シリアルポートモニタアプリケーションです!

始めるのは簡単です。高度なシリアルポートモニタ は、準備ができています!

インストール後、高度なシリアルポートモニタが起動します。 その後、フリーのシリアルポートにデバイスを接続します。 COM番号を選択し、[開く] ボタンをクリックします。 デバイスにデータを送信し、それらからデータを受け取ることができます。 「モード」メニューからプログラムモード(端末またはスニファ)を変更できます。 (ステップ毎のチュートリアルは、 ここにあります)


スクリーンショット:

Serial Port Monitor in the spy data view mode 他のスクリーンショット

特長:

スニファ(スパイ)モード。 このモードでは、外部デバイス、シリアルポートに接続されたデバイスおよび Windows アプリケーションの間のデータ交換を監視することができます。

RS232 ターミナルモード。 当社ソフトウェアは、スニファだけではありません。 RS232 ターミナルモードでは、外部デバイスをデバッグおよび診断するためにシリアルポートからデータを送受信することができます。

HEX および ASCII。 HEX、ASCII またはバイナリ形式で受信および送信データを表示します。

柔軟な構成。 当社のシリアルポートモニタは、数多くのボーレート(最大921600まで)、ユーザー定義のボーレート、データビット数、ストップビット数、異なるパリティの種類、ハードウェアまたはソフトウェアフロー制御などをサポートします。 いつでもすべての通信パラメータを変更することができます。

データ送信。 高度なシリアルポートモニタを使って、データを手動([送信] ボタンをクリックする)、または、あなたの定義する間隔(10 ミリ秒から 10000 ミリ秒)で自動的に送信することができます。

全データソース。 シリアルポートモニタは、テキストファイルまたはバイナリファイルからデータを送信することができます。 また、プログラムのウィンドウにデータ文字列を入力することができます。 ポップアップメニューから 0〜31(16 進数の 0 ~ 2F)のコードで文字を挿入することができます。

ログファイル。 このプログラムは、ファイルへのすべての受信されたバイトを保存することができます(たとえば、データの流れが非常に速い場合、後でこのファイルを分析することができます)。

プラグイン・。 当社プラグインを使用して、ファイル転送、MODBUS または ASCII デバイスのエミュレート、スクリプトのデバッグやを実行を行うことができます。

全二重モード。 二重モード(受信と送信を同時に)で、両方向(コンピュータに、およびコンピュータから)にデータを転送できます。

内蔵スクリプトエンジン。 この機能を使って、事前定義されたオプションとアクションで高度なシリアルポートモニタを実行したり、プラグインからコマンドを実行することができます。


Windows 7 互換  Windows 7 互換  Intel Software Partner